沖縄そばを食べるならここ!おすすめのお店3選

沖縄の代表的な料理の1つである沖縄そばとは?

沖縄旅行に来たらぜひ味わいたいのは、1日に15万食以上消費されるという沖縄県民のソウルフードである沖縄そばですよね。沖縄そばは地域や店舗によってスープや麺などに違いがあり、それぞれ個性があるので数店舗巡ってお好みの一杯を見つけるのがオススメです。スープはカツオ出汁がたっぷり効いたあっさり系のタイプと、豚骨ベースで白濁したスープが特徴のこってり系のタイプに分かれています。

麺は小麦粉と塩、かん水から作られ中華麺と似ており、縮れ麺や平麺、細く丸いものなどバリエーションも様々です。甘辛く煮込まれた三枚肉や豚のあばら部分であるソーキ、豚足を煮込んだコラーゲンたっぷりのてびちなど、トッピングもたくさんの種類があるので、ぜひお気に入りを探してみてくださいね。

沖縄県民にも人気!オススメの沖縄そば店3選!

名護市にある「真打田仲そば」はミシュランの麺職人がプロデュースした麺とスープを味わうことができ、カフェのようなお洒落な器を使っているのが特徴です。伝統的なあっさりとした元味と、まろやかなコクの白湯スープである真味と2種類の味が用意されています。ジャスミン茶で炊いたご飯の上に甘く煮込まれた島豆腐をのせた島豆めしも人気なので一緒に食べてみてくださいね。

南城市にある「そば処玉家」は連日地元の人から観光客まで賑わう人気の店舗です。スープは透き通っており、豚骨とカツオ節がベースであっさりとしたなかにもコクを感じることができます。無料のヨモギが各テーブルに用意されているのでお好みでのせてみてくださいね。

浦添市の「高江洲そば」は、とんこつベースですがあっさりしていてほんのり塩味を感じることができます。軟骨ソーキと錦糸卵がのった、ふわふわとしたゆし豆腐そばが人気なので、ぜひ味わってみてください。

与論島の旅行を楽しむためには、レンタカーを使うと短時間で島内を移動出来るので、ツアー予約時に一緒に申し込んでおくのが大切です。